トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

グラチャン優勝戦 回顧

【進入】 1235/46

5号艇の烏野選手が動いて、4対2の進入に。山崎智也は5コースのカド位置

【スタート】

内から 03 06 09 11 12 11

【1マーク】

ターンマーク手前で1号艇の坪井が、2号艇の辻を牽制にいって接触。その結果ターンマークを大きくハズす。しかし旋回後、急激に伸びて先頭に立ち、そのまま逃げ切る。④山崎は坪井のすぐ内をまくり差すが、引き波に入って失速。最内を差した⑥向所と、その外に入った②辻が2番手争い。

【2マーク】

坪井の1着はゆるぎない。4番手を追走していた、③森竜也がイチかバチかの先マイ。森を行かしてから、⑥向所は回って2番手に。最内から④山崎が伸びてくる。

【2周1マーク以降】

④山崎が先マイ。⑥向所は握って回るが、追いつけず3番手に。さらに3周2マークで⑥向所は流れてしまい、3着も辻に明け渡す結果に。

優勝 ①坪井康晴 2着④山崎智也 3着②辻栄蔵 

 

【姫園予想の敗因】

今回の予想は「坪井選手がプレッシャーに潰される」というのが、唯一無二のロジックでした。つまりコンマ03の全速トップスタートを決められてしまうと、もうそれが根底から覆されてしまう。私の予想を参考にされた方、大変申し訳ございませんでした。負け惜しみではないが、SG初優出の選手があおの低オッズだと買いづらいんですよ……。

次の三国の女子リーグは、しっかり当てます!

また、@nifty競艇でも私がグラチャン優勝戦のレース回顧を書いておりますので、よかったら見てみてください。

(ライター:姫園淀仁)

ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会トップページへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

難しかった宝塚記念

宝塚記念は午後から雨足が強くなった天候にやられましたね~

ディープインパクトは、雨が降ろうが槍が降ろうが文句の付けようのないレースをしてくれると踏んでいましたが、雨の影響をもろに受けたのが、リンカーン、アイポッパー、ハットトリックなどの切れ味勝負の差し馬勢。

2着ナリタセンチュリー、3着バランスオブゲーム、4着ダイワメジャーと、振り返ってみると道悪巧者が上位を独占しています。

やはり、G1に出走してくる馬ですから、自分の得意な条件になると力を発揮するものだなぁと、改めて実感しています。

実際購入した馬券も、ディープ1着固定、2着にナリタ、アイポ、3着にナリタ、アイポ、リンカーン、ダイワ、シルクに流す3連単フォーメーションでしたから、惜しい結果ではありましたが、ディープから、ナリタ、アイポへの馬単2点で取れてんジャン!と自分に突っ込んだりもしてみました。

強気の勝負が裏目に出ていますが、今週のラジオNIKKEI賞も懲りずに強気の勝負で行ってみます!

(松代弘之)

ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会トップページへ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月25日 (日)

山崎智也 SG連覇なるか!?(グランドチャンピオン決定戦)

前回に引き続き、3連単の高配当をズバッと狙っていきます。 進入は123/456の枠なり。インは地元若手有望株の①坪井康晴。初日からオール3連対で、得点率はトップ。浜名湖は走りなれた水面なので、スタートの心配もない。しかもモーターの性能も良い。安心して買えるだろう……と判断してしまいがちだが、私は坪井のインは危ないのではないかとみている。 まずSGの優勝戦に進出するのがはじめてだ。SGの優勝戦には、大きなプレッシャーがかかる。総理大臣杯でインに座ったものの、SG初優出のプレッシャーに負けて出遅れた湯川のようなことが、明日も起こるかもしれない。また、地元の先輩選手はひとりも優勝戦には乗れなかった。つまり坪井が地元の期待すべてを背負って走るのだ。 彼の精神力で、それをはね返すかもしれない。しかし押しつぶされるかもしれない。私は配当との兼ね合いで、後者をとった。坪井が出遅れる可能性を。 インが出遅れるならば、ねらい目はカド。そこには、出走メンバー中、もっとも実績がある山崎智也がいる。今節の彼のモーターも、かなりきている。スタートが決まれば、一気にまくるorまくり差す可能性は濃厚。坪井が無いのなら、◎は彼しかいない。 相手は山崎についていって、まくり差す⑤鳥野賢太。3日目4日目がオール2着で安定感に溢れている。それに⑥向所も買っておきたい。6コースから気楽な立場で臨めば、2着3着は充分にある足だ。 押さえは②辻。昨年の賞金王だけにムゲには扱えない。④森は、今日スタートが決まったから勝てただけで、モーターの素性はかなり落ちる。

【3連単】 4→256→1256 以上9点で大丈夫だろう。万舟券の配当まではないかもしれないが、そこそこの配当はあるので、9点買いでもプラスになる。 念のため。この予想は、坪井がプレッシャーに沈むという前提の予想なので、決して坪井が買えないわけではない。「アイツなら大丈夫だ!」と思うのなら、①から買うのもアリだ。

(ライター:姫園淀仁)

ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会トップページへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »