2007年5月21日 (月)

鳴門周年 ドリーム戦回顧

 すいません。今回は姫園、岡田ともにハズレです。
「今垣の気合がレースを左右する!」という見解は間違っておりませんでした。「今垣がまくりにいく」という展開予想も間違っておりませんでした。ただ、まさか、スリット通過後あんなに出るエンジンとは想定していなかった。内3艇はなすすべなく今垣に呑み込まれ、張っている余裕すらなし。私の本命、中村に差し場はありませんでした。

 死んだ予想をグチグチ言っても仕方ないんですが、インの西島を軽めに評価したり、6コースからの最内差しが上手い6号艇の坪井は2着でおさえると宣言したり、イイ線いっていたと思うんですけどね……。5月24日の優勝戦でリベンジします。

(文・姫園淀仁

| | コメント (1) | トラックバック (30)

2007年5月17日 (木)

芦屋周年 優勝戦回顧

 芦屋周年記念の優勝戦は、王者・松井が人気に応えて完勝しました。コンマ09のトップスタートから、差させず、捲らせずの、まったく危なげない逃げ。戦前に「ドカ遅れ」を心配した人もいるでしょうが、まったくの杞憂だったようです。
 ただし、肝心の相手軸にすえた魚谷がコンマ16のやや他艇より遅れたスタート。絞られるまではいきませんでしたが、外から伸びてくる服部や石野が目に入ったのか、1マークでキャビってしまい終了。「姫園淀仁の競艇V作戦」、2連続的中はなりませんでした。

 姫園予想はハズれましたが、森喜春が担当している「競艇プラス1」予想では3連単が的中! 最近1年間の松井との直接対決成績から、「魚谷と石野が、松井を相手にすると分が悪い」という結論を導き出し、相手を服部と鳥飼に絞ったのはお見事でした。

(文・姫園淀仁

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

芦屋周年 2日目12レース(地区選抜戦)予想回顧

 「姫園淀仁の競艇V作戦」で公開した本線の予想は、3連単2→13→1345 。見事(と自分で書くのもおこがましいですがw)6点で3連単7740円が的中です。

 的中できたのは、やはり上瀧の不調がみえていたからだと思っております。今節だけでなく、今年の上瀧は総じて調子落ち。いつかどこかで復活するとは思いますが、これからもしばらくの間は軽視したほうがよさそうです。出れば人気になる選手ですからね。

 2日目終了時点でエンジンが抜群に出ているのは、正木聖賢と出畑孝典の2人。どちらも銘柄級ではないので、舟券的な妙味もありそうです。残念ながら正木はフライングを切ったので賞典除外ですが、出畑が優勝戦に乗ってきたら少し面白そうですよ。

(文・ 姫園淀仁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

1stステージの競艇回顧

 競馬&競艇予想大会にて『競艇V作戦』を担当している、ライターの姫園です。1stステージは予想がさえず、大変申し訳ございませんでした。2ndステージは気合を入れていきますので、よろしくおねがいします。

 4月の競艇でもっとも印象に残っているのは、GⅠ・びわこ大賞優勝戦ですね。
 1号艇はイン戦で絶対の信頼がおける白井英治。楽インからトップスタートを決めて悠々と逃げ切るかと思いきや、なんとコンマ54の絶望的なドカ遅れスタート。競艇だからこんなこともあるんでしょうけど、モニターにむかって絶叫した人も多いのではないでしょうか。
 白井選手はこの後、5月19日~24日まで鳴門の大渦大賞(GⅠ)と、29日からの笹川賞に出場予定です。どちらも競馬&競艇予想大会の指定レースとなっておりますので、びわこの借りを鳴門と住之江で返すべく、がんばってほしいですね。

(文:姫園淀仁

| | コメント (229) | トラックバック (2)

2006年7月21日 (金)

今週のレース回顧

徳山GⅠ初日ドリーム戦

どの選手もモーターに泣きコメントを入れているメンバー構成となった、熱闘ドリーム戦。姫園が◎に指名した山崎智也も、あまり手ごたえはよくなかったようであるが、インからコンマ16のスタートを決めると、難なく逃げ切ってしまった。さすが今年の上半期の競艇界を支えた男である。少々の不安でも、やるときはやる。2着は姫園が▲におしていた田村隆信。3着は〝さすが地元のベテラン〟今村豊。あまり自慢できるフォーカスではありませんでしたが、一応3連単的中でした。

 

多摩川GⅠ優勝戦

こちらは、あきらかに◎向所浩二の力が抜けていました。「向かう所、敵なしと書いて、向所浩二!」実況もかっこよかったです。しかし、棚からボタ餅のように記念初優勝が転がり込んできたわけではありません。準優のコンマ03のスタートに引き続き、優勝戦でもコンマ02のギリギリまで張り込んだスタート。冷静と情熱があればこその優勝でした。おめでとうございます。2着は瓜生、3着は辻。3連単配当が1090円というガチガチ決着でしたが、一応、姫園予想は的中でした。

 

徳山GⅠ優勝戦

こちらは、予想通り波乱となりました。

進入で予想通り西島が動きます。しかし山崎と坪井は譲らず、125346の体制に。3コースに納得いかなかったのか、進入の深さに納得いかなかったのか、なんと西島が回りなおします。結果、12/34/65と、まったく想定していない進入になってしまいました。

スリット。トップスタートは山崎でしたが、90mくらいの起こしだっただけに、まだ加速がついていません。そこに充分に助走距離をとった3コースの山室が、襲い掛かります。1マーク、山崎と坪井の間、ほどんどスペースがない場所をまくり差そうとしますが、間を割れません。その隙に内を差したのが松井。2番差しが今村。バック水面は142の体制で進みます。

2マークを握って力強く回ったのは山崎。2番手を追走する松井を沈めようとしたのでしょう。松井は少し控えるような形になって後退しますが、山崎も外に流れてしまいます。その間隙を突いたのが、坪井。先月、地元SGで男になった坪井です。さらにその内からは山室。バックでは142だった体制は、ホームで231に変わっています。

2周1マークを先取りしたのは山室。しかし狙いすましたかのように、坪井が差します。この瞬間、徳山クラウンを手にする者が決まりました。

姫園予想は、申し訳ございません。ハズレでした。ただ、「波乱になるという読みは正しかったでしょ」と少し強がりをいうことにします。

予想大会トップへ

姫園淀仁の一触入魂へ

(ライター:姫園淀仁)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

先週のレース回顧

ココログのメンテナンスの都合で更新が遅くなりました。申し訳ございません。

先週は、若松新鋭リーグの敗者戦と、鳴門GⅠの優勝戦が指定レース。

若松新鋭12レースは、風速6m・波高6cmの予想通りの荒れ水面でした。進入は内から146235。5コースに入った、芸能人と同姓同名の峰竜太がコンマ08のトップスタートを決めると、1マークで隙間をみつけて、ズバッとまくり差して1着。2着は2コースに入った大峯豊。1コースの森定は3着。峰と大峯の、ミネミネをアタマに据えていた姫園予想は的中です。ただ配当は思ったよりも安く、3連単2120円でした。

鳴門GⅠ優勝戦。進入は3対3の枠なり。1番人気は「モーター完璧宣言」も出た魚谷がスタートを決める。1マーク。まくり差してくる田村を張り、内の烏野にも差させない。モーターだけでなく、レース振りも完璧で、今年初のGⅠ制覇となった。

熾烈だったのは2着争い。バック水面で、内から⑥市川哲也、⑤三嶌誠司、②烏野賢太、③田村隆信の4艇が併走。ポジション利から⑥市川が2マークを先取り。しかもその外をまくってきた②烏野を飛ばす。②烏野は外に流れ、さらにその外を回っていた③田村も飛んでいく。この3艇がもつれた状態を横目でみながら、最内を差した⑤三嶌が伸びる。

2周1マーク。⑤三嶌が握って回る。⑥市川がターンマークギリギリを差す。その瞬間、キャビって失速して、今度は⑤三嶌と③田村の2着争いに。併走したまま2周2マーク手前に突入し、⑤三嶌は先マイ。③田村はツケマイ。

最終周回に入っても、まだ併走状態。最終周回1マーク。先マイの三嶌に、握って外を回る田村。ここで決着がついた。2着争いは三嶌に軍配が上がった。

姫園予想は、魚谷→烏野の3連単。予想通り魚谷は鉄板でしたが、2着が当て切れませんでした。敗因は、市川のモーターを軽視しすぎた点。今週の徳山GⅠと、多摩川GⅠは、そんなことがないよう注意いたします。

ギャンブル王争奪! 競馬&競艇予想大会 トップへ

(ライター:姫園淀仁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

三国女子リーグ・優勝戦回顧&今週の展望

いやぁ~、強かった。女王・横西奏恵。⑤池千夏の前づけに抵抗して1コースを取りきり、おそらく全速スタート。1マークでは同県の先輩③岩崎のツケマイに抵抗。まくらせず、差させずの展開で、女王の貫禄をみせつけました。

私の予想の敗因は、池の進入を読みそこなったところです。動くことはある程度わかっていましたが、まさか2コースを奪取するまであるとは想定外でした(予想の提出は前日レース終了後なので、コメントまでは確認できない)。しかもスタート起こしが、80mを切るくらいの深イン。さらにスタートでヘコんでしまっては、なす術がありませんでした。

今後の競艇の指定レースは、7月9日の日曜日に「若松新鋭リーグ・12レース」、7月10日の月曜日には「鳴門大渦賞(GⅠ)優勝戦」が控えております。若松新鋭の出場選手は大混戦で、B級選手にも充分チャンスがある実力伯仲模様。鳴門GⅠは、エースモーター29号機を引き当てた富永(本日4コースから1着)、笹川賞を制した山崎智也、グラチャンでSG初優出初優勝を成し遂げた坪井、このあたりの選手に注目してみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

グラチャン優勝戦 回顧

【進入】 1235/46

5号艇の烏野選手が動いて、4対2の進入に。山崎智也は5コースのカド位置

【スタート】

内から 03 06 09 11 12 11

【1マーク】

ターンマーク手前で1号艇の坪井が、2号艇の辻を牽制にいって接触。その結果ターンマークを大きくハズす。しかし旋回後、急激に伸びて先頭に立ち、そのまま逃げ切る。④山崎は坪井のすぐ内をまくり差すが、引き波に入って失速。最内を差した⑥向所と、その外に入った②辻が2番手争い。

【2マーク】

坪井の1着はゆるぎない。4番手を追走していた、③森竜也がイチかバチかの先マイ。森を行かしてから、⑥向所は回って2番手に。最内から④山崎が伸びてくる。

【2周1マーク以降】

④山崎が先マイ。⑥向所は握って回るが、追いつけず3番手に。さらに3周2マークで⑥向所は流れてしまい、3着も辻に明け渡す結果に。

優勝 ①坪井康晴 2着④山崎智也 3着②辻栄蔵 

 

【姫園予想の敗因】

今回の予想は「坪井選手がプレッシャーに潰される」というのが、唯一無二のロジックでした。つまりコンマ03の全速トップスタートを決められてしまうと、もうそれが根底から覆されてしまう。私の予想を参考にされた方、大変申し訳ございませんでした。負け惜しみではないが、SG初優出の選手があおの低オッズだと買いづらいんですよ……。

次の三国の女子リーグは、しっかり当てます!

また、@nifty競艇でも私がグラチャン優勝戦のレース回顧を書いておりますので、よかったら見てみてください。

(ライター:姫園淀仁)

ギャンブル王争奪!競馬&競艇予想大会トップページへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)